現在のページ:

ハイディ・ホルテン・コレクション

芸術の都ウィーンに、またひとつ異色の美術館が増えました。ハイディ・ホルテン・コレクションです。町の中心部に位置するハイディ・ホルテン・コレクションです。2022年6月初めのオープン以来、訪れる人をヨーロッパ屈指のプライベートコレクションで魅了しています。ウィーン国立歌劇場アルベルティーナ美術館王宮庭園に囲まれた宮殿が、2年にわたる大規模な改修工事を経て、近代的な美術館に生まれ変わりました。

2022年10月2日まで開催されているオープニング企画展「OPEN」では、この新しい美術館の建築のほか、選りすぐりの光アート、インスタレーション、彫刻に焦点が当てられています。

世界美術史における名作の数々 

芸術のパトロンとして知られたオーストリアの資産家ハイディ・ゴエス=ホルテン氏(1941-2022)は、1990年代初頭から優れた芸術作品を収集していました。その数は数百点にのぼります。初期モダニズムの時代から現代までの美術史の縮図ともいえるコレクションです。グスタフ・クリムト、エゴン・シーレ、マルク・シャガール、パブロ・ピカソ、アンディ・ウォーホル、ゲルハルト・リヒター、ゲオルク・バゼリッツなど、モダニズム、新表現主義、ポップアートを代表する数々の芸術家による作品に重点が置かれています。まさに世界美術史の名作が集結したコレクションです。

ゴエス=ホルテン氏が美術館を創設したきっかけは、2018年にレオポルド美術館で開いたコレクション展「Wow!」が大成功を収めたことでした。

「100年以上に及ぶ美術史の流れを展望できるコレクションへの関心は、相当高いようです。これほど奥行きのあるコレクションを所蔵する美術館は、オーストリアには他にありません。とくに若い世代の関心を育んでいきたい、私はそう考えています」 (ハイディ・ゴエス=ホルテン氏、2021年)

この新しい美術館は、コレクションのさまざまな側面を紹介するものです。定期的に開催される企画展では、コレクションに関連するテーマを取り上げます。作品は3つのフロアから成るメイン展示スペースと、厳選された作品群の展示に絞った4つの小さな展示室で鑑賞することができます。展示エリアの総面積は約1500m²です。現代美術家たちも定期的に企画に参加する予定です。また、子どもや青少年向けの体験ワークショップなど、特別イベントもあります。

歴史的建造物が近代的な美術館に

ハイディ・ゴエス=ホルテン氏が美術館にふさわしい建物として選んだのは、由緒ある「ハヌシュホーフ」でした。19世紀末の経済発展期に建てられた壮麗な建物で、変化に富んだ歴史を持つ場所です。当初はオーストリア大公アルブレヒトの宮殿(現在のアルベルティーナ)の別館として、1862~1863年に建設されました。中庭には乗馬学校がありましたが、1914年には大公フリードリヒの執務棟に建て替えられました。建物はその後、国立歌劇場博物館など、芸術・文化施設として利用されていました。

2020年夏になると、現代アートの殿堂への「変身」が始まります。まず、建物の中はすっかり空にされ、地階が増設されました。そして伝統的な様式のまま残っていた外装は、大々的に改修されました。ハイディ・ホルテン・コレクションで最も目を引くのは、ステンレス製の自立型階段で各フロアがつながっている、宙に浮かんだような吹き抜けの展示スペースと、併設されているテラス、ティールーム、野外彫刻の置かれた出入り自由の前庭です。こうしてウィーンの歴史ある敷地に、文字どおり美術館の島が生まれました。

ivieの音声ガイドで街歩き 

デジタル観光ツアーアプリ ivieでリング通りを発見しませんか。ivieは人気の観光スポットだけでなく、ウィーンの美しいリング通りの穴場などを紹介してくれます。ハイディ・ホルテン・コレクションなど数々の見どころについて、観光が楽しくなる音声ガイドが用意されています。

ハイディ・ホルテン・コレクションに関するティザー映像

ハイディ・ホルテン・コレクション (Heidi Horten Collection)

Hanuschgasse 3
1010 Vienna
  • ウィーンカード

  • 営業時間

      • 09/28/2022 11:00 - 19:00
      • 09/29/2022 11:00 - 21:00
      • 09/30/2022 11:00 - 19:00
      • 10/01/2022 11:00 - 19:00
      • 10/02/2022 11:00 - 19:00
      • 10/03/2022 11:00 - 19:00
    • 水, 11:00 - 19:00
    • 木, 11:00 - 21:00
    • 金 - 月, 11:00 - 19:00
  • バリアフリー

    • サブエントランス
      • 段差なし
    • 駐車場 サブエントランス
      • 身障者用駐車スペースあり
        Öffentliche Behindertenparkplätze stehen derzeit im Bereich Operngasse 8, Helmut-Zilk-Platz 1 sowie in der Walfischgasse 1 und 6 zur Verfügung.
    • エレベーターあり
      • 230 cm 広い と 450 cm 深い , ドア 198 cm 広い
    • その他
      • バリアフリーの入口付き障害者用トイレあり
    • 障害者向け特別サービス

      Auf Anfrage Führungen für Menschen mit speziellen Bedürfnissen.

お薦め記事紹介

* 印の欄は必ず入力してください。

入力データやメールアドレスは、保存されたり第三者が利用したりすることはありません。

送信者
宛先 *

件名:www.wien.infoお薦め記事紹介

記事を評価する
記事を評価する

wien.info 編集部宛ご意見・ご感想

* 印の欄は必ず入力してください。

Mr./Ms. *

ご関心をお持ちと思われる内容