現在のページ:

巨匠たちの名画再公開

ウィーン造形美術アカデミーには14世紀以降の1600点に上る名画の数々が展示されています。展示作品のハイライトは、17世紀のオランダ・フランドル派の絵画で、ルーベンス、レンブラント、ファン・ダイクなどが含まれます。また、世界的に知られるヒエロニムス・ボスの「最後の審判」も見られます。加えて、ムリーリョの 「サイコロ遊びをする少年たち」、フランチェスコ・グアルディのイタリアの都市景観画、ルーカス・クラナッハ(父)、ティツィアーノ、1800年前後のウィーン古典主義絵画などが並んでいます。

ウィーン造形美術アカデミーの建物は1872年から1876年にかけて、当時のスター建築家であったテオフィル・ハンセンの設計による歴史主義様式で建てられました。2021年10月には3年半に及ぶ総合的修復を経て往年の様子を再現し、再オープンしています。

造形美術アカデミー絵画館 (Gemäldegalerie der Akademie der bildenden Künste)

Schillerplatz 3
1010 Vienna
  • ウィーンカード

  • 営業時間

    • 火 - 日, 10:00 - 18:00
  • バリアフリー

    • メインエントランス
      • 15 階段
        Handrail for the blind and visually impaired on the outside staircase
    • サブエントランス
      • 段差なし
        Makartgasse 2, bell available; access to the lift through the entrance (on the left)
    • エレベーターあり
      • 200 cm 広い と 400 cm 深い , ドア 200 cm 広い
    • その他
      • 盲導犬同伴可
    • 注記

      Gallery on the 1st floor (i.e. 2 floors) From Main Entrance access to the elevator in the corridor on the right.

       

記事を評価する

ご関心をお持ちと思われる内容