現在のページ:

ウィーンのパーキングシステム

2022年3月より、ウィーン市内のほぼ全域で有料の短時間駐車区間に関する規制が適用されています。ウィーンで路上駐車するには、パーキングチケットまたは居住者用の駐車許可票が必要です。そのため、クルマから公共交通機関に乗り換えることをおすすめします。観光、ショッピング、食事などに出かける際、ウィーン市交通局の地下鉄やトラム、バスに乗れば、安全かつ迅速に移動することができます。

短時間駐車区間

短時間駐車区間は、ウィーン市内のほぼ全域に設けられています。以下の点にご注意ください。 

  • 適用される曜日と時間帯:月曜日~金曜日9時~22時(祝日を除く)
  • 駐車時間の上限:2時間
  • 短時間駐車区間はウィーン市の地図で確認できます

ウィーンのショッピングストリートでは、一部異なる短時間駐車区間規制が適用されます。該当する区間には特別の標識が設置されています。

スクーターやオートバイなどの単車は、短時間駐車区間規制から除外されます。

パーキングチケットとモバイルパーキング

パーキングチケットには、紙のチケットとモバイルパーキングを利用した電子チケットがあります。

パーキングチケット販売所

  • たばこ販売店
  • たばこ自動販売機
  • ガソリンスタンド
  • 郵便局
  • ウィーン市交通局の乗車券発売所
  • ウィーン市交通局の自動券売機
  • ウィーン観光案内所

30分あたりの駐車料金:1.10ユーロ

短時間駐車区間では、荷物を降ろすなどのわずかな時間であっても、駐停車した時点からパーキングチケットが必要となります。一時的な駐停車には、15分無料パーキングチケットが用意されています。ホテル、たばこ販売店、観光案内所で、またはモバイルパーキングを利用して入手することができます。15分無料パーキングチケットと他のパーキングチケットの併用はできません。

パーキングチケットは記入漏れがないかをご確認のうえ、フロントガラスの内側のよく見える位置に置いてください。複数のパーキングチケットを同時に使用する場合には、それぞれ同じ駐車開始時刻に印を付けておくようにします。

身体に障害のある方が優先駐車場やウィーンの短時間駐車区間を無制限に利用するには、オーストリアの1960年道路交通法第29b条に基づく駐車許可証(欧州駐車許可証)が必要です。許可証は、フロントガラスの内側のよく見える位置に置くようにします。駐車許可は、同乗者が障害者の場合も適用されます。

駐車場や1日駐車券についての詳細は、ご宿泊先にお尋ねください。

居住者専用駐車区間

ウィーンではすべての区に居住者専用の駐車区間が確保されています。有効なパーキングチケットを使用しても、そこに駐車することはできません(駐車違反となります)。こうした区間には駐停車禁止の標識があり、その補助標識には該当する区の駐車許可証を掲出する車両と身体障害者(車椅子マーク)を禁止対象外とする旨が表示されています。注意:駐車禁止規制は、土日祝日も適用されます。

パーク&ライド施設と屋内駐車場

ウィーンの中心部へ出かける際には、クルマから公共交通機関に乗り換えることをおすすめします。町の周辺のパーク&ライド施設には低料金の駐車場があり、1日3.60ユーロから利用できます。パーク&ライド施設は、いずれも地下鉄の駅に直結しているため、そこから短時間で楽に市街地まで移動できます。

旧市街とその周辺には、料金の高い屋内駐車場がたくさんあります。ウィーンの屋内駐車場や立体駐車場の概要は、www.parken.at/wienでご覧いただけます。

お薦め記事紹介

* 印の欄は必ず入力してください。

入力データやメールアドレスは、保存されたり第三者が利用したりすることはありません。

送信者
宛先 *

件名:www.wien.infoお薦め記事紹介

記事を評価する
記事を評価する

wien.info 編集部宛ご意見・ご感想

* 印の欄は必ず入力してください。

Mr./Ms. *

ご関心をお持ちと思われる内容