楽友協会黄金のホール ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団ニューイヤーコンサート

現在のページ:

ウィーン・フィルのニューイヤーコンサート

毎年世界90カ国以上の何百万人もの人々がテレビ中継で楽しむこのコンサートを、現場でライブを聴きたいという方々は幸運が必要です。ウィーン・フィルのウエブサイトで申し込み、抽選に当たらなければならないからです。それか、シュテファンプラッツへ- シルヴェスター街道 の一角で、オープンエアライブ中継が行われます。プラーター の大観覧車前でも2024年1月1日11時15分から楽友協会からのライブ中継が始まります。

魅惑のシュトラウス作品

ウィーン・フィルのニューイヤーコンサートは音楽の精髄をお届けします。喜びに満ち溢れ躍動し、一部は瞑想的な楽曲が揃うシュトラウス・ファミリーとその同年代の作品による曲目プログラムで、新年への良いスタートを切りましょう。ワルツからポルカまで、典型的なウィーンの調べが、最高レベルで演奏されるのです。

2024年の曲目

  • カール・コムツァック:「アルブレヒト大公行進曲」op.136
  • ヨハン・シュトラウス2世:ワルツ「ウィーンのボンボン」op.307
  • ヨハン・シュトラウス2世:ポルカ フランセーズ「フィガロ ポルカ」op.320
  • ヨーゼフ・ヘルメスベルガー(息子):ワルツ「世界中に」
  • エドゥアルド・シュトラウス:ポルカ シュネル「ブレーキかけずに」op.238
  • ヨハン・シュトラウス2世:喜歌劇「クルマバソウ」序曲
  • ヨハン・シュトラウス2世:遺作 第二番「イシュル ワルツ」
  • ヨハン・シュトラウス2世:ポルカ 「サヨナキドリ」op.222
  • エドゥアルド・シュトラウス:ポルカ マズルカ 「高い泉」op.114
  • ヨハン・シュトラウス2世:「新ピチカートポルカ」op.449
  • ヨーゼフ・ヘルメスベルガー(息子): バレエ「イベリアの真珠」より「エストディアンティナ ポルカ」
  • カール・ミヒャエル・ツィーラー:ワルツ「ウィーン市民」op.419
  • アントン・ブルックナー:カドリーユ WAB 121 (編曲 W.デルナー)
  • ハンス・クリスチャン・ロンビ:ギャロップ 「ハッピーニューイヤー!」
  • ヨーゼフ・シュトラウス:ワルツ「うわごと」op.212

さあ、踊りましょう

ニューイヤーコンサートに欠かせない輝きが ウィーン国立バレエ団 による一流のパフォーマンスです。 

振り返ってみましょう:1873ウィーン万博150周年 記念DVD「ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団によるニューイヤーコンサート2023」、幕間映像とバレエシーンも収録。

オーストリアの音楽使節

演奏するウィーン・フィルは、世界最高のオーケストラのひとつです。もちろん、世界最高レベルの指揮者が登場します。オーケストラは毎年、違う人が指揮をします。客演指揮者は、マリス・ヤンソンス(2016)、グスターボ・ドゥダメル(2017)、リッカルド・ムーティ(2018と2021)、アンドリス・ネルソンス(2020)、ダニエル・バレンボイム(2022)、フランツ・ウェルザー=メスト(2023)です。2024年に立つのは、ドイツ出身のクリスティアン・ティーレマンです。ワーグナーを得意とし、2019年にはウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のニューイヤーコンサートで指揮をしています。

Wiener Philharmoniker
© Wiener Philharmoniker / Lois Lammerhuber

クラシック音楽の殿堂にて

ニューイヤーコンサートの会場となる楽友協会は、ウィーンにおけるクラシック・ファンの殿堂です。黄金のホールとも呼ばれる大ホールは、世界で最も美しいホールのひとつであり、世界で最も音響の良いホールに数えられます。古代ギリシャを範とする歴史主義様式の楽友協会大ホールは、ニューイヤーコンサート当日、カラフルな花々で飾られます。列柱、カリアティード、切妻のレリーフなどは、ここが音楽の神殿であることを表現しています。

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団ニューイヤーコンサート

毎年1月1日に開催
開演:11時15分
生中継 テレビORF2およびラジオÖ1 世界90ヶ国以上で放送
プログラムほか詳細情報:www.wienerphilharmoniker.at

ウィーン楽友協会

Musikvereinsplatz 1
1010 Vienna
  • 営業時間

    • The Box Office is open 9am-7pm (Monday-Friday) and 9am-1pm on Saturdays.

      For all concerts organised by the Musikverein the Box Office opens one hour before the beginning of the performance (also on Saturday, Sunday and on public holidays). 

  • バリアフリー

    • メインエントランス
      • 段差なし
        via ramp, automatic sliding door (opens with button from the outside)
      • スロープ 164 cm  広い
    • エレベーターあり
    • その他
      • 盲導犬同伴可
      • バリアフリーの入口付き障害者用トイレあり
    • 注記

      Ring the bell by the entrance to the concert box office (Bösendorferstr. 12); the box office staff will come to assist with ticket purchases at the door.
      Wheelchair-accessible elevator: to all floors. Brahms Hall: 6 wheelchair seats. Grand Hall: 2 wheelchair seats in orchestra, about 16 in balcony. Glass Hall/Magna Auditorium: 4 wheelchair seats.

      Visit with seeing eye dog: please give notice in advance.

記事を評価する
記事を評価する

ご関心をお持ちと思われる内容