シルヴェスターの賑わい、ウィーン旧市街グラーベン

現在のページ:

シルヴェスターのウィーン

ウィーンは楽しさいっぱいの街です。とくに大晦日は、街中がすっかりお祝いモードになります。ガラディナーのほか、コンサートホール、オペラ座、おしゃれなバーなどで、楽しい時間を過ごすことができます。

ウィーン・シルヴェスター街道

12月31日のハイライトは、ウィーン・シルヴェスター街道です。午後2時から翌午前2時まで、シルヴェスター街道はウィーン旧市街に設けられ、訪れる人々に最高のエンターテインメントを提供してくれます。街道沿いにはプンシュやスパークリングワイン、おいしい食べ物を出すスタンドがずらりと並びます。また、ワルツ、ロック、ポップス、ディスコ、ブルース、ファンク、ソウル、DJパフォーマンスが楽しめる数々のステージで、さらに気分が盛り上がります。ウィーン旧市街地の合計6か所で無料にて行われる予定です。シルヴェスター街道は、フライウング広場からアームホフ広場、グラーベン通り、シュテファン広場、ケルントナー通りを経て、ノイアーマルクトにつながります。中でもグラーベン通りのクラシックのエリアは人気があります。ここでは午後からウィーンのダンススクールによるワルツの即席レッスンが行われ、素敵な野外舞踏会場に変わります。そして真夜中になると、シルヴェスター街道に集まった人々は「美しく青きドナウ」のメロディーとシュテファン大聖堂の有名な鐘「プンメリン」の響きに合わせてワルツを踊り、新年を迎えます。プンメリンは特別な機会にしか鳴りません。そのひとつが年越しです。大晦日のプンメリンの音は、オーストリアのラジオやテレビでも放送され、続いてヨハン・シュトラウスの有名な「美しく青きドナウ」が流れます。

見応えのある展覧会をはじめ、数々のコンサート、オペラ、オペレッタ、ミュージカル「レベッカ」や「ノートルダムの鐘」など、今年の大晦日もまた、昼も夜も多彩なイベントを楽しむことができます。

ウィーン国立歌劇場では毎年シルヴェスターに、ヨハン・シュトラウスのオペレッタ「こうもり」が上演され、これは既に長い伝統となっています。明くる元旦、人々は遅い朝食とともに、ウィーン・フィルのニューイヤーコンサートのTV中継を楽しみます。ニューイヤーコンサートは、2023年1月1日の11時15分から、楽友協会よりシュテファン広場に生中継される予定です。ウィーンの幾つかのホテルでは、快適なブランチとともにライブ中継もあります。

ウィーン・シルヴェスター街道

2022年12月31日
14時から深夜2時
飲食店は11時まで
wienersilvesterpfad.at

お薦め記事紹介

* 印の欄は必ず入力してください。

入力データやメールアドレスは、保存されたり第三者が利用したりすることはありません。

送信者
  • E-Mail Adresse gültig
宛先記入必須
  • E-Mail Adresse gültig

件名:www.wien.infoお薦め記事紹介

記事を評価する
記事を評価する

wien.info 編集部宛ご意見・ご感想

* 印の欄は必ず入力してください。

1つのエラーが発生しました。 つのエラーが発生しました。

    Mr./Ms.記入必須
    • E-Mail Adresse gültig

    ご関心をお持ちと思われる内容